検索

意外と知らない「毛の自己処理」の恐怖

最終更新: 2月27日


こんにちは!

千葉市稲毛駅前、徒歩1分🐾 「REBORN BEAUTY STUDIO」の宮﨑です。


誰もが1度は使ったことがある 「カミソリ}。

一時的に毛が無くなったように見せかけてくれる、あれ、です。。。



大体の方は、カミソリを1回でも使ったことがあるでしょう。

カミソリの処理後にかゆみや湿疹、赤くなったりする、俗に言う

カミソリ負け」です。


カミソリは肌表面を「削る」作業となりますので、小さな傷が出来てしまいます。

それによって、肌の水分が抜け乾燥していきます。

簡単に言うと肌が脱水状態という事です😱

喉も乾燥しすぎるとイガイガし赤くなったりしますよね。

肌にとっても乾燥は大敵なのです。


また、傷ついた肌から雑菌が繁殖し、炎症を引き起こしたり・・・

と良い事はございません(>_<)


その状態で、毛が生えるからまた剃って、また傷ついて、でもまた剃って。。。

うーん、若いころの恋愛のスパイラルな気分⁉



じゃあー、除毛クリームならどうだっ?

除毛(脱毛)クリームは、アルカリ性の化学薬品が、毛を生成しているタンパク質と

反応して皮膚表面の毛を溶かしていくので、肌の表面に出ている毛を除毛することが出来ます。

しかし、皮膚も同じタンパク質で作られています。

という事は、同時に皮膚まで溶かしてしまうというデメリットもついてきます。

除毛クリームを使った後に赤みや痒みが・・・というのも納得ですね😓



ちなみに、肌が薄くなってきて炎症などのダメージが起こると、

その部分が老廃物の出口として認識しやすくなります。

同じところにいつも吹き出物が出来るんだよねーっという方、

要注意です❕



自己処理するのベストなのは、電気シェーバーが妥当です。



電気シェーバーは比較的お肌に優しいのですが、深剃り出来ないため満足のいく仕上がりにならない場合も。




毛の自己処理のあれこれを語ってみましたが、


特にヒゲを毎日剃っている男性の方!

早めに脱毛することを強くおススメいたします 笑


8回の閲覧

最新記事

すべて表示